内定者へ内定を伝える際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

内定通知書

 

昨今の新卒採用は、政府と経団連の合意によって定められた「倫理憲章参照」によって、スケジュールの後ろ倒し、短縮化傾向にあります。

時代は売手市場となり、学生は平均2社弱から内定を得る厳しい採用環境とは言え、内定を出したからには是非入社してもらいたいと言うのが企業の本音です。

 

採用目標人数を確保する上でも内定者の確保(内定承諾)は逃げることができない採用課題と言えます。

そこで本編では、内定出しする上での注意点について考えてみたいと思います。

1.内定通知について

 

まず最初に、各企業で内定出しまでの選考過程は様々ですが、一般的には「書類選考」を行い、次いで「能力・適正検査」や「複数回の選考面接」を経て内定出しするのが一般的です。尚、受験者の少ない中小企業は、「書類選考」と「能力・適正検査」を割愛するケースも見られます。

最終面接を終え合格と判断したならば、直ぐに文書、もしくは電話で通知をするのが鉄則です。学生にとっての最終面接の合否は、数少ない人生の重要な場面ですから、企業は通知遅れや通知漏れがないようにし、不採用とする場合には、言葉遣いや通知の仕方に配慮します。

尚、会社まで呼び出して直接口頭で伝えるのも良い方法です。その時の表情で内定承諾するか辞退するかの判断材料になり、不安があるようだったら即対応する事が可能になるからです。また、合格通知と一緒に選考に携わった先輩社員からの一言コメント色紙を渡したり、内定出しの瞬間に社員が立ち会って拍手でお祝いしてあげると言ったちょっとした演出、工夫をしても良いでしょう。

 

内定

2.内定を受けても不安?

 

実は、内定を受けた直後は一安心するものの、内定から入社までの間は、内定者にとっても非常に不安定な状況となると言われています。

例えば、就職にプラスして、新しい環境や、社会人生活に対する不安。また、人間関係がうまく行くのかどうか?と言う不安。そして、仕事の内容や、キャリアや将来に対する不安は必然的に出てきくるものです。

 

これらの不安を解消する為にも、内定を出して入社するまでの間の不安定な時期に、フォローをする事が重要となります。不安が解消されていれば、入社してからも内定時のプラスなモチベーションを抱えた状態で入社する事が可能となります。

実施内容としては、SNSを使った情報の発信や、メンターを活用したフォロー、グループワークや懇親会、アルバイト等などが考えられるでしょう。場合によっては、応募者の保護者にアプローチする事もあり、様々な対策が考えられます。

尚、内定通知をする際は、必要書類の準備、提出物の提示、今後の連絡方法、入社式の有無、入社までの大まかなスケジュール、その間のフォロー内容等を共有するようにし、入社への不安を取り除くようにしましょう。

 

まとめ

 

・内定者フォローで学生に入社意思を固めてもらうことは、とても大切。

・通知スピード、タイミング、迅速な手続きにおける企業側の配慮が求められる。

・学生は内定から入社までの期間、不安定な時期に入る。情報発信や懇親会の実施などの工夫で学生のモチベーションを維持しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る