人事だけで新卒採用はできるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

他部署に説明

新卒採用は人事の仕事、と思っていませんか?

 

企業にとっての中途採用と新卒採用の違い」記事にあるように、企業の成長戦略にそった新卒採用・育成活動を計画することは、会社の未来を構築することと同じです。

「会社の未来とリンクした必要な人材を考え、求める人材を採用し、育成する」ことは人事だけでは限界があり、経営幹部や模範となる現場社員をいかに新卒採用活動にまき込めるか、人事にとって重要なポイントになります。

「新卒採用=人事の仕事」と捉えるのではなく、経営活動の一環として全社で取り組む事が求められます。

その為には、社長自ら新卒採用に対する思いやその重要性、実施する意図等を全社に伝える必要があり、「採用業務に関わる事は『負担』ではなく、『ステイタス』なんだ」と社員に認識してもらうことが重要です。

 

現場主体の新卒採用活動を人事がおこなう際の注意点

 

現場主体の新卒採用活動を人事がおこなう上では、下記の認識をすり合わせておく必要があります。

残念ながら、「社内だし、身内だからやってくれるだろう」とか「自ら進んで協力してくれるだろう」という勝手な思い込みは通用しません。

採用におけるミスマッチが生じたり、社内調整に時間がかかったりと、現場社員が非協力的にならないよう、常日頃から現場と人事の認識をすり合わせる努力をしましょう。

 

求める人物像の認識

 

新入社員が配属されて一緒に仕事をするのは、人事では無く現場の社員です。よって、人事、経営者だけでなく、現場社員とも採用ターゲットとなる人物像の共有化に努めましょう。

採用関係資料を現場社員に渡して終了ではなく、その採用基準にいたった工程や背景、面接方法や注意点など、現場社員が理解しやすい工夫をし、目線を合わせることが、現場を巻き込む新卒採用活動の第一歩です。

その為にも、求める人物像の策定作業を採用に関係するスタッフ全員で熟考する機会を設けると良いでしょう。

 

現状課題の認識

 

現状の課題を現場社員と共有することは、社内を巻き込む上で、大きなカギとなります。

現状の新卒採用活動は、何がうまくいって、何がうまくいっていないのか等の実数値や、事例を実際に見せていくことで当事者意識が醸成され、そこから改善のヒントが生まれるはずです。

また、入社後の教育や配属、キャリア形成についても事前協議しておくと良いでしょう。

悩める人事担当者

費用対効果の認識

 

総額いくらの予算で採用活動をおこない、1人採用するのにどの程度の費用がかかっているのかなど、実数値を用いることで、現場社員はより具体的に自分の役割をイメージできることでしょう。

採用は作業ではなく、将来のへの投資であることを全社共有するだけでも社員の変化が期待できます。

 

上記の3つの認識を合わせることで、新卒採用活動における目標の認識をあわせることが出来ます。

この時点で、人事がリーダーシップを発揮し、現場主体の新卒採用活動をおこなう第一歩と言えることでしょう。

 

まとめ

 

・新卒採用活動は人事部のみの仕事ではなく、会社全体の未来を構築する取り組みである

・人事の役割は、新卒採用活動における社内リーダーシップを発揮することである

・求める人物像、現状課題、費用対効果の認識はしっかりと現場社員、経営幹部と合わせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る